一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.07.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

奈良展オープン前日

宿泊先のホテルの部屋で、藤城清治本人が二時間内で仕上げた阿修羅像

仏像  自体作っていいものなのか。

しばらく考えてみて、ようやく奈良展に向けて作ろうと決心した影絵作品は、どれもが私自身素晴らしい世界へ生けた感じです。

少し前の話を致します。

亜季が入院中、「良い作品、素晴らしい作品を作ると、亜季が喜ぶから良い作品を作るんだ」と言ってくれたのです。

その言葉通り、素晴らしい世界をみせて頂きました。

素晴らしい仏像影絵のお見舞いの品を    ありがとうございます。

間もなく 奈良展は7月3日で終わります。御早めにどうぞ。

そうだ   奈良へ行こう  藤城清治  光のメルヘン展 

  • 2018.07.28 Saturday
  • -
  • 18:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
奈良展での、奈良の風景スケッチの中でも、阿修羅像は大きく、迫力あり、でも、お顔は優しく、ずっと観ていたいほど目を惹かれました。また、日付けが展覧会のオープン前日ということにもすぐ目が止まり、先生のバイタリティーにも驚きました。
法隆寺の釈迦三尊像や天蓋の飛天などの影絵も素晴らしかったです。他のお客様も皆さん、うわーっとか、写真のようだねとか、言っていました。釈迦三尊像の解説は、先生の湧き立つような新たな気持ちがとても込められたものなのだと思いました。解説を読むと、ただ素晴らしいだけでなく、また違った目で観ることができました。亜季さんにとっても癒しの作品だったのですね。
先生が阿修羅像を作成中のお写真を載せていただきありがとうございました。
今回の奈良展には4回行きました。うち、2回は影絵展が初めての友だちを誘い、また行きたいと言っていました。奈良展が終わるまでにもう一度、1人でゆっくり行くつもりです。
  • ケロミ
  • 2016/06/22 12:44
先生・亜紀さん、お元気ですか?奈良にはサイン会の3日前に行ってしまい、お逢い出来ずに残念でした。でも、また宝物を見つけました。
次は教分館?逢えますように〜。
  • 長崎の眼鏡の母娘
  • 2016/06/24 20:35





   

Profile

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR