一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.07.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歩行器具は、今日から無くなりましたので、
ちょっとなぁ、ちょっぴり不安げな感じですが、
体力を今日からもっとつけたいそうです。
頑張ってるし、頑張ってね、父。


今年最初のケロヨンとのイベントが明日あります。
いらっしゃるファンの方は、十分に楽しんでくださいませ。

朝から食欲もあり、リハビリも順調です。
歩行器具を使わず歩く練習を明日に控え、
今日は部屋で練習を行い、疲れたらベッドヘ。

さてさて、
看護師の方たちの力を借りてサプライズの準備開始。
看護師の方へ、ケロヨンがまもなく到着しますけれども
ケロヨンはお見舞いに病室に入ってもよろしいでしょうか?
ダメですか? と訪ねました。

看護師の方たちも喜んでくださっているようでした。
駐車場の方から看護師の方につれられて登場のケロヨン。
父…びっくりびっくり。


無事に、サプライズは大成功。
その後、亜季&
ケロヨンで患者さんに元気になってもらうために

9階の各部屋を訪問いたしましたよ。
喜んでいただけたかなぁ。
病室で行われた
楽しい時間は、いい思い出になるといいなぁ。

ラビは、首を長〜くして父を待っています。


 

今日19日、札幌芸術の森美術館の撤収作業が始まりました。
本来の予定では、18日に東京と北九州チーム二方のスタッフが
展覧会終了後の作業を行うことになっておりました。

が…
17日の札幌の天候は久々の吹雪。
少々の雪では欠航にならないはずの千歳空港ですが、あまりにも天候が悪く…
翌18日も混乱と除雪作業の遅れのため、ほとんどの航空会社が欠航となり、
東京スタッフはあらゆる手だてで釧路・函館を経由し…
北九州チームは名古屋から…と、
それぞれが翌19日の朝
札幌へ
到着し撤収作業を始めました。

亜季は皆がそろった事を聞き、13時30分の飛行機で東京へ20分遅れで到着、
急ぎ三田病院ヘ父に会いに行きました。
亜季の顔を見ると、太陽のような笑顔で喜んでおりました。

入院してからの笑顔は、小さなひまわりのようでしたが
今は、それよりもはるかに大きな明るい笑顔で、
とても嬉しかったですよ。


Profile

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR