一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.07.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


新たな年に入ってからもう3か月が過ぎてしまいました。
年の始まりは、いつもは各地のデパートでファンの皆さまとの交流を兼ねてお正月サイン会を行っておりました。
しかし、まだ父の背骨のボルトがしっかりと定着しておらず、またうつ病も見え隠れしてしていたこともあって、
10年以上続けておりましたお正月サイン会を今年は中止させていただきました。
久しぶりの東京でのお正月は、時間がゆるりと流れているような、家族3人と動物たちの静かな時間となりました。
そうこうしているうちに節分の時期となり、
今年はいつも鬼役をしてくれているスタッフが1人休みで参ったなと思っていたら、新人のスタッフが急遽参加してくれることになり、無事に赤鬼と青鬼、新人スタッフ鬼が登場。
今年は去年より父が元気だったので、すごく鬼退治したかったようで、豆源の豆を鬼にぶつけておりました。
鬼は「参った、参った!」と言って急ぎ足で逃げだしたので、これで福は内の福福の一年間になってくれそうです。

桃花水、山の氷雪溶けて川に流れ小さな川は、大きく強く流れはじめます。

那須の美術館の川も静けさから一変し、少し強く流れる川音となりはじめております。

館内の通路側の下の、小さな湧き水の小川には、クレソンが可愛らしい顔を見せてくれており、山葵も新しい葉をいっぱいに、広げて間もなく暖かな春を告げるように、感じますよ。

時間の余裕が少しでもあれば、是非、藤城清治那須高原美術館にお出でくださいませ。

桃の節句は、父の一番好きな行事ですから

雛祭りは気合いを入れて雛寿司を作り、白酒でスタッフと乾杯です。

 

 


亜季



 


太陽の父と月の亜季


光り輝く太陽の父が顔を見せる時は、
その光の力をもらい影となってそっと見守り
夕日が静かに姿を見せなくなる頃には、
亜季は光る月となって
夜空から美しく優しく父を見守り照らしてまいります。

いつも関係者の方にはお世話になっております。
私からも静かにそっと皆様方を見守っておりますね。


父が、やっと復活したことをご報告致します。

昨年の1月初旬、一度目の手術からしばらく経ちまして、
椎間板ヘルニアが消える事を信じておりましたが
無くなるどころか巨大化し、尿と便の神経を塞がれてしまい
痛みに耐えられなくなり10月31日に緊急入院致しました。
ヘルニアを取り除いて背中にボルトを6本を入れるという
10時間以上に及ぶ手術に耐え、1ヶ月で退院となりました。
自宅にてリハビリをしておりましたところ、うつ病が酷くなり、
今度は痛みとうつ病との闘いが始まりました。

うつ病のリハビリを兼ね、1日5時間ほど絵を描く時間をできるだけ作って
暇が無いようにしているうちに、聖フランシスコの絵本の影絵が完成致しました。

少しずつ父の体の痛みは軽くなり、うつ病の顔も見せなくなりました。
やっと、今、少しホッとしております。
春秋のように戻れそうです。

亜季


 

2016 新しき年 亀さんに出くわしてしまいました。
新年そうそう皆様への御挨拶が遅れてしまい、誠に面目ございませんです。

改めまして、
新年あけましておめでとうございます。

今年も一年どうぞ宜しくお頼み申しあげます。



Profile

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR